遠寿院

〒272-0813
千葉県市川市中山2丁目3-2
TEL:047-334-2386 FAX:047-332-8157

HOME > ふれあい活動 > 演奏会・講演会など > 津軽三味線演奏会 > 津軽三味線演奏会2016

津軽三味線演奏会

- 東日本大震災復興支援チャリティー -
お彼岸のお堂ライブ
「津軽三味線と東北の民謡」

☆ 出演 ☆
弘前大学 津軽三味線サークル
【顧問】
冨田晃(教育)
【OG】
東原愛子(医)
【4年】
山石紗矢香(人文)/伊藤怜(教育)
【3年】
石田修也(農生)/木村千鶴(医)/佐々木良憲(農生)/深浦桃子(教育)
【1年】
秋山由佳(理工)/有沢大樹(理工)/一戸彩可(教育)/小菅もも(農生)/藤田知里(理工)


ページの先頭へ

日時 2016年3月26日(土) 午後2時開演~約1時間半
場所 遠壽院表堂(入場無料)
演奏 弘前大学 津軽三味線サークル 公式ブログ
プログラム 【第一部】
1.津軽じょんから節(新節)<伝統曲>
2.津軽じょんから節(中節)<伝統曲>
3.津軽じょんから節(旧節)<伝統曲>
4.津軽じょんから節 独奏<佐々木良憲>
5.りんご節<青森民謡>
6.外山節<岩手民謡>
7.秋田おばこ<秋田民謡>
8.津軽甚句<青森民謡>
9.チャグチャグ馬コ<岩手民謡>
10.花笠音頭<山形民謡>
【第ニ部】
11.連奏<サークルオリジナル2010>
12.ふきのとう<サークルオリジナル2011>
13.祭音<サークルオリジナル2013>
14.秋時雨<サークルオリジナル2014>
15.地吹雪<サークルオリジナル2012>
16.花吹雪<サークルオリジナル2015>
出演者

弘前大学 津軽三味線サークル
弘前大学津軽三味線サークルは、50人ほどを擁する大編成での津軽三味線合奏団体です。学内行事や自主公演のほか各地のイベントに参加し、 静岡、東京、北海道などへの遠征や、東日本大震災の被災地でのボランティア演奏を精力的に行っています。 遠寿院での演奏は2010年にはじまり、今回で5回目になります。


ページの先頭へ

当日の受付の様子
当日の受付の様子

まず鬼子母神様へご挨拶
まずは鬼子母神様へ挨拶

司会のご住職のご子息
司会はご住職のご子息。

演奏の始まり
演奏の始まり。

演奏の様子
13名の津軽三味線が響く

サークル紹介など
サークル紹介など。

一人一人挨拶
一人一人挨拶。

一人一人挨拶
一人一人挨拶。

一人一人挨拶
一人一人挨拶。

一人一人挨拶
顧問の先生から挨拶。

一人一人挨拶
一人一人挨拶。

一人一人挨拶
一人一人挨拶。

一人一人挨拶
一人一人挨拶。

一人一人挨拶
一人一人挨拶。

一人一人挨拶
一人一人挨拶。

一人一人挨拶
一人一人挨拶。

津軽じょんがら節
津軽じょんがら節。

津軽じょんがら節 独奏
津軽じょんがら節の独奏。

津軽じょんがら節 独奏
津軽じょんがら節の独奏。

民謡の紹介
東北の民謡について解説。

出番を待つ皆さん
出番を待つ皆さん

青森民謡 りんご節
青森民謡 りんご節。

岩手民謡 外山節
岩手民謡 外山節。

秋田民謡 秋田おばこ
秋田民謡 秋田おばこ。

青森民謡 津軽甚句
青森民謡 津軽甚句。

岩手民謡 チャグチャグ馬コ
岩手民謡 チャグチャグ馬コ。

山形民謡 花笠音頭
秋田民謡 花笠音頭。

サークルオリジナル
サークルオリジナル曲。

花吹雪
花吹雪というオリジナル曲。

花吹雪
花吹雪というオリジナル曲。

花吹雪
花吹雪というオリジナル曲。

演奏終了
演奏終了。

ご住職より御礼
ご住職より御礼。

アンコール
アンコール演奏。

最後に鬼子母神へ挨拶
最後に鬼子母神へ挨拶。


ページの先頭へ

記念撮影
スタッフ含め皆で記念撮影


ページの先頭へ

- 弘前大学 津軽三味線サークルほか -
「東日本大震災復興支援活動の様子」

公民館を拠点に
公民館を拠点に

小学校訪問
小学校訪問

仮設住宅訪問
仮設住宅訪問

思いを寄せて
思いを寄せて

祈りとともに
祈りとともに

消える震災遺構
消える震災遺構


ページの先頭へ